東中洲と西大橋(東中洲電停)

【東中洲と西大橋(昭和11年・1936年】※河畔の白亜の建物は喫茶店ブラジレイロ
明治43年(1910年)の福博電気軌道(のち西鉄福岡市内線貫通線)開業以降、東中洲電停が置かれた中洲。

昭和50年11月に、貫通線・呉服町線・城南線が廃止されてから、「東中洲(東中洲町)」と呼ばれる方は随分と減りましたが、東中洲の呼称は今なお、「東中洲バス停(中洲5丁目)」として残っており、地元の皆さまに愛され続けています。

※参考:にしてつWebミュージアム
PAGE TOP