中洲を学術・文化の街に育てた黒田長薄と「福岡藩精錬所」

【黒田長薄(くろだ ながひろ)】
幕末から明治にかけた中洲を中心に、福岡の科学産業技術の礎を築いた施設(現在で言う、理化学研究所)がありました。

弘化4年(西暦1847年)、福岡藩最後の藩主である黒田長薄(くろだ ながひろ)が、「岡新地(中洲畠)」という耕作地に建設したのが「福岡藩精錬所」です。(現在、中洲大洋映画劇場前の明治通りの反対側に「福岡藩精煉跡地の石碑」があります)

福岡藩は、長崎警備(長崎御番(ながさきごばん))の任にて、海外の情報が数多く入ってきたことから、黒田長溥は(「蘭癖大名」と言われるほど)、海外の情報・知識・技術を取り入れることに熱心なお殿様でした。学術・文化を積極的に学び取り入れ、博多織・硝子・陶器・鉱物・製薬・写真・時計、小銃や大砲の武器類に至るまで、数々の研究・製造をしました。

※参考:石村萬盛堂|福岡藩精錬所
※参考:西日本シティ銀行|最後の殿さま「黒田長溥」
PAGE TOP